疲れると眠る人

好きなものを好きなだけ、なんやかんやで何が何やら

ボロボロの表紙がないものまである角川出版星新一の文庫本、よく見ると初版本だった。なんで?と言いながらパラパラめくる、確か中古で買ったはずなんだけどかなり古い時に買ったから記憶が曖昧

毎回初版本なことにびっくりしてる気がするけど初版に価値があるかどうかわからない、お気に入りの本だから少し嬉しくもあるな

本棚の全部の本を見てないけど自分の本の扱い方を考えると自分の本で初版のものはあまり持ちたくないよなって気分にもなる、でもこの本装丁可愛い

確か装丁のみ集めた本も部屋にあったはずなんだけど星新一の本ほとんど持ってるもの減らした時期があるから持ってない、結構好きな本だった

また色々読みたくもあるけどどこから読んでも好きだからな、きまぐれ系が好きなんだけど他に読んでみたいと思いつつ読んでないのが星製薬の本、そろそろ読んだほうがいいような気がする。本屋で探そう

 

真鍋博のプラネタリウム―星新一の挿絵たち (新潮文庫)

真鍋博のプラネタリウム―星新一の挿絵たち (新潮文庫)

 

 

広告を非表示にする