疲れると眠る人

好きなものを好きなだけ、なんやかんやで何が何やら

古本

本棚にある星新一の本の匂いで思い出した。傷み気味で焼けたような古本の匂いが好き、本は傷まないほうがいいけど古本を手に取った時にはいい匂いだなと本の匂いをかいじゃうくらい好きな匂いがする

確か古本の匂いの香水も出ていたらしいけど香水までなるとそんなに好きな匂いにならないんだろうな

そうパラパラめくっていたけど万年筆の話が書いていた、ペンのインク残量が見える窓がついてる万年筆はいいよ